本文へスキップ

子連れde海外!!

http://www.kozure.net

こどもの料金の研究CHILD fare/ infant fare

   

子供料金の種類

こどもの年齢によって、料金にプランニングの際に重視するポイントは違ってきます。

幼児運賃(0〜1歳) 子供料金(2〜11歳) ジュニア(12〜17歳)
ツアー料金 パンフレット記載の幼児料金。同時期の大人ペックス運賃の10%+αが多いが、キャンペーンで100円ポッキリの場合も。 パンフレット記載の子供料金。大人と同額のことも多い。家族向けツアーは半額の設定が多くクラブメッドでは30%程度の設定も。 通常は大人と同額だがJTBが2010年の家族向けツアーで半額にし大好評だった。
格安航空券 概ね大人ペックス運賃の10% 大人料金と同額か、5千円〜1万円ほどの割引のことが多い。
大人料金の75%のことも。
大人と同額
正規割引運賃 大人料金の10% 概ね大人料金の75%。特別安い料金の場合、大人と同額の場合も。 大人と同額
ノーマル運賃 大人料金の10% 大人料金の75% 大人と同額
ホテル宿泊料 ほとんどの場合、無料。
ベビーベッド使用料も無料がほとんど。(確約はされない。)
6歳11歳等、ホテル所定の年齢までは添い寝は無料のことが多い。(朝食代別途徴収も)子供はエキストラベッドが無料の、子連れに優しいホテルもある。 アメリカのホテルではクイーンサイズベッドが2台あり、17歳まで添い寝無料のことも多い。
   

幼児料金(0〜1歳)

ツアーの場合は出発日の満年齢が基準のことが多いです。航空券の場合、アメリカの航空会社は旅行中に2歳になる場合には、帰路は子供料金になります(アジア路線でも同様)。JAL、ANAやアジアの航空会社は出発時1歳なら旅行の途中で2歳になっても幼児運賃で大丈夫のようです。旅行の途中で2歳になる場合は、旅行会社・航空会社に確認しましょう。

飛行機のサービス
飛行機の座席・機内食はありませんが、大手の航空会社であればベビーフード、バシネットは無料でリクエスト(確約はされない)できます。(ローコスト航空会社は別料金となることが多い。)
ホテルのサービス
朝食ビュッフェも宿泊料も無料のところがほとんどです。ベビーベッドのリクエストが無料でできることが多いですが、台数に限りがあるため確約はされません。
     
ツアーのサービス
日程表に食事が含まれている場合こども用の食事は提供がなく、親の食事を分け与えるか別途自己負担となります。レストランの席は用意してくれることが多いですが、ショーや乗り物ではこどもの席はありません。
     
   

子供料金(2〜11歳)

旅行中に12歳になる場合の往復航空券は、(座席があり安全上の問題はないので)アメリカの航空会社も帰路も子供料金でOKのようです。念のためご確認ください。

飛行機のサービス
飛行機の座席・機内食とも用意されます。チャイルドミールはリクエストが必要(確約はされない)です。小さい子にはおもちゃをくれる航空会社も。
ホテルのサービス
一定の年齢までは、添い寝、朝食ビュッフェとも無料のことが多いです。無料年齢の上限が違い、添い寝は無料だけど、朝食は別途大人の半額かかるということも。1度だけ同額を請求されたこともありました。
     
ツアーのサービス
こどもの食事、ショーや乗り物の座席も用意されます。子供料金半額・ノーベッド料金は、おとな2名と同室のこどもに限るとか、1室につき1名までとか、おとなと同人数まで適用可能など、条件がある場合がありますのでご注意を。      
   

ジュニア料金12〜15(18)歳)

旅行中に12歳になる場合の往復航空券は、(座席があり安全上の問題はないので)アメリカの航空会社も帰路も子供料金でOKのようです。念のためご確認ください。


   

料金選びのヒント

料金が複雑で、選ぶのに迷ったときのためのヒントです。

   
料金半額ツアーは得か?
「子供半額」でも、大人料金が相場より割高なこともあります。家族構成でも違いがでますので、家族全員の旅行代金を算出して、その総額で考えるべきです。子供料金半額・ノーベッド料金利用だと子供の延泊料金がかからない場合もあり、延泊するときは有利です。旅行代金のほか、諸条件(どの航空会社か?、フライト時間帯はどうか?ホテルはどこか、アーリーチェックイン、レイトチェックアウトはついているか?、食事や観光はどれ位ついているか?こどものベッドはあるか?など)もあわせて考えて検討してみてください。
   
幼児料金は子供料金より安い?
次男が1歳半でケアンズに行ったとき、ツアーの幼児料金が29,000円、子供料金が大人の半額27,000円でしたので、もちろん子供料金にしました。座席もあるのでチャイルドシートを持ち込み、母子とも機内でゆったり過ごせました。差額がわずかなときも2歳未満でも航空機の座席を確保するのがおすすめです。
   
キャンセル料等も比較する
子連れの場合、こどもの病気など直前にキャンセルすることも多くなります。多少の差額ならキャンセル料が安いほうを選ぶのも手です。また、正規割引航空券だと事前座席指定が可能なことも多いので、考慮に入れて比較してみましょう。