本文へスキップ

子連れde海外!!

http://www.kozure.net

コンドミニアム滞在condominium lodging

   

コンドミニアムってどんなところ?

短期レンタルのリゾートマンションに滞在するもので、各部屋のオーナーが別の場合と、1棟まるごと同じオーナーの場合があります。掃除やベッドメーキングは別料金のことも多いのですが、ツアーなら大体毎日のベッドメークがついています。

   

コンドミニアムのメリット・デメリット

うまく使えば楽しめるコンドミニアム滞在ですが、日常から解放されたいときには向きません。

メリット
キッチンがあるため、離乳食や食事制限が必要なときに便利です。作った料理を部屋で食べたり、自宅と同様に過ごすことができるのが魅力です。部屋もホテルルームより広いことが多いですし、1ベッドルーム以上のリビングと寝室が別になっているタイプなら、こどもが夜寝たあとにのんびりくつろぐこともできますし、家族でトランプやゲームを楽しむこともできます。また、BBQが楽しめるところもあります。    
デメリット
部屋の豪華さ、フロントサービスやプールやレストランなどの付随施設がないか、あってもホテルより劣るところがほとんどです。また立地も、ビーチや街の中心から遠く、交通も不便というケースが多いです。旅先でぐらい家事から解放されて自宅と違うリゾート気分を味わいたい!という方には不向きです。
         

コンドミニアム活用のヒント

設備を活用してコンドミニアムの滞在を楽しむためのヒント     
キッチン
離乳食や食事制限が必要なこども連れにはとっても便利です。キチネットというのは簡易キッチンでワンルームマンションの台所によくある、電気コンロ、流し、小型冷蔵庫がコンパクトにまとまったタイプです。フルキッチンであれば大型冷蔵庫、2・3口のコンロ、オーブンがあり、高級タイプだと食器洗い機があるときも。電子レンジの有無は要チェック。炊飯器はハワイ・グアムなどは別料金で貸してくれるところもあります。
小さい子どもだと、部屋で食べるのは気楽だし、時間がかからないのでラクですが、旅行先出まで家事をしたくない方も多いと思います。お湯で温める程度のものであれば、海外用のラーメンポットを持参すればホテルルームでも調理可能ですので、外食中心にするつもりならキッチン付にこだわらなくてもいいでしょう。我が家はホテル派ですが、朝食や昼食はホテルの部屋でカップうどんやテイクアウト、ルームサービスで済ませたりもします。
     
洗濯機
部屋にある場合と共同のコインランドリーがある場合があります。共同の場合、みんなが使いたい時間がバッティングしますし、夜は閉めてしまう場合もあり、乾燥するまで出掛けたりできないので部屋にあると便利です。ホテルでも共同のコインランドリーがあるところもあります。
     
調味料
部屋の備え付けはない場合がほとんどです。短期の滞在だと余ってしまうので、塩、砂糖、醤油、ソースなど必要になる量だけ小分けパックで用意して行くと便利です。油は焼くだけでしたらチューブ状のものが探すとありますので便利です。日本食も現地では高いのでそうめんやレトルトご飯などは持参をおすすめします。(肉が入っているものなど現地の持ち込み制限にはご注意)。和風ステーキソースや和風ドレッシング、割り箸も持って行くと重宝するアイテム。外国に菜箸はありませんし、お皿を洗うスポンジもないことがあります。お古を持って行って捨ててきたり百円ショップを活用してみてください。
レンタカー
ホテルに較べて不便な立地のことも多いですし、駐車場が無料のことがほとんどなので、スーパーでの食料買出しのためにもコンドミニアム滞在ならレンタカーを借りるのがオススメです。レンタカーを借りるならコンドミニアム滞在も選択肢に入ってくるともいえます。運転に自信がない場合ホテル滞在が無難かもしれません